大分のローカルエネルギーを考える会

 

 大分県は再生可能エネルギー自給率全国第1位のトップランナーです。

最近は、「おんせん県おおいた」のキャッチで売出し中の大分県。

 

地熱発電も全国一位、メガソーラーの規模も日本一、最近では、日本の残したい風景の一つにも挙げられる別府温泉の湯けむり・・

 

その湯けむり発電が注目されています。

 

 そして、かって、村おこし、地域おこしのトップランナーとして、一村一品運動でも名を馳せた大分。

 

そのエネルギーは人材にもしっかりと蓄えられています。

 

 その、ローカルなエネルギーを発信しようと設立したのが、

この、Think オーレ!です。

 

Thinkは、考える、オーレは、大分・ローカル・エネルギーの略で、オーレ!の掛け声とともにワールドカップの今年、開幕と同時に始動開始しました。

 

 もともと、主宰の私は、ETTフォーラムエネルギーを考える会のメンバーとして20年近く勉強して来ましたが、地元のエネルギーについて深く考えることになったのは実はつい最近です。

 

 灯台もと暗し、という言葉のとおりだったこれまで・・しかし、今こそ、足元からエネルギーを発信、発散させようと考えています。

 

 大分だけでなく、ローカルエネルギーに興味のある人もぜひご参加ください。

 

 様々な再生可能エネルギーをじっくりと視察見学し、まずは自分自身のエネルギーとして、生活に社会に生かすことを一緒に考えて行きましょう。

 

 あなたのエネルギー、再生可能にして新たな一歩を踏み出しましょう、ご参加、お待ちしています。